12
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

小児科クリスマス会2017


12月23日、4東入院棟では一足早いクリスマス会を行いました。
この日のために、クリスマス係を中心に、医師・看護師・保育士さんが
協力しあい準備を進めてきました。


1_20171229200539c64.jpg

2_20171229200541731.jpg



当日は、アンパンマンバイキンマンが紙芝居に合わせて演技をしたり
サンタさんが子どもたちにクリスマスプレゼントを届けたり・・・★
クリスマス会のために、にわか結成したハンドベル隊の演奏と
「赤鼻のトナカイ」に合わせて手話をしながら歌いました。
みんなで一緒に歌うことができて、とっても楽しかったです!

3_20171229194719035.jpg



先生トナカイは、みんなの笑顔が嬉しくて床に寝そべっていましたよ!

4_20171229194721e3e.jpg


また、今年は各病棟から患者さんが見に来てくださり、短い時間でしたが
一緒に楽しむことができました。私たちも、こどもたちの可愛い笑顔の
プレゼントを貰うことができて大満足!
とっても癒やされました~

5.jpg

6.jpg

7_201712291947250eb.jpg



皆さんにも、可愛い笑顔のおすそわけ

8.jpg


9.jpg


10.jpg


皆さんは素敵なクリスマスを過ごせましたか?
クリスマスが過ぎれば、今年もあと少し……早いですね。
鶴岡では冬本番の天気で、インフルエンザも少しずつ流行してきたとか…
皆さん体調に気をつけて良い年末年始にしてください(^O^)/


11.jpg


こどもさん、ご家族の賛同を頂き写真を載せています
ありがとうございました







「ファミリーセンタードケア研修会」

 平成29年12月9日(土)
神奈川県立こども医療センターに勤務されている
新生児科医師の斎藤朋子先生をお迎えし
スタッフ向けのファミリーセンタードケア講演会を開催しました。

ファミリーセンタードケア(FCC)とは
子どもと家族が中心のケア

こどものニーズを “みんなで” くみ取って、
こどもが気持ちよく過ごせることを一番に
“みんなで”考えようという取り組み

詳しくは
こどもかぞくまんなか」 を参照してください。
(下記クリックしてみてください、ウィンドウが開きます)
こどもかぞくまんなかホームページ
こどもかぞくまんなかFacebook

当院NICU・GCUスタッフの他
4階西入院棟(産科)助産師
4階東入院棟(小児科)看護師
薬剤師
看護学校教員(助産師)が参加

院外からは、総合周産期母子医療センターの山形県立中央病院
当院と同じ地域周産期母子医療センターの山形済生病院からも
助産師・看護師が参加してくださいました

斎藤朋子先生のお話は、
海外でのFCCの状況からテレビドラマ「コウノドリ」の撮影現場となっている病院での様子などなど、
引き込まれる内容盛りだくさんの楽しい講演でした

「感動した
「とても勉強になった
「自分たちの意識改革が必要
「父親の存在も大切にしないといけないねー」などなど、
たくさんの意見が出されました


1.jpg



2_20171213225607dbd.jpg


第二部では、他施設・多職種との意見交換会

職種・施設の壁を越えて一緒に考える機会になりました

時々脱線して愚痴を言ったり・・・・大笑いしたり・・・・
楽しいひとときを過ごし
こういう意見交換の場が定期的にあるといいという声もありました


3_2017121322560902b.jpg


4_20171213225610630.jpg


とっても楽しい有意義な研修会でした

これからも赤ちゃんと家族に優しいケアを心がけていきたいと思います


産褥乳房外来について

4階西入院棟(産婦人科)です。

当院では産褥乳房外来を開設しています
乳腺炎などおっぱいのトラブル時のケアはもちろんのこと、赤ちゃんの体重増加が心配、卒乳時の相談やケアなどにも対応しております


おっぱいのトラブルに食事、生活スタイル、体のこりが関係あるのはご存じですか?
母乳はお母さんが食べたもので作られ、食べたもので味や質も変わりますしかし、産後のお母さんは、授乳と育児で知らず知らずのうちに体が疲れていたり、肩こりや腰痛などのトラブルがあったり、食事に気を配れない日もあると思います。

乳房・乳頭の痛みがあるとき、発熱したときは早めの対応が必要です。
私たち助産師がお手入れさせていただきます
当院で出産された方でなくても、どなたでも受診可能ですお困りの時は受診枠以外でも気軽にお電話下さい。みなさまが楽しく母乳育児を続けられるよう、スタッフ一同お待ちしています

産褥乳房外来受診枠
火・木  15・16時
水    10・11・15・16時

費用
初回    2460円 
2回目以降 1100円

連絡先  
平日8:30~17:00     産婦人科外来26-5111(代表)
平日17:00~8:30・休日・祝日  4階西入院棟26-5142(直通)

母親学級について

4階西入院棟(産婦人科)です。
当院では、今年春より母親学級をリニューアルしました。費用はかかりませんが、予約が必要ですので、外来受診の際に気軽に問い合わせてくださいね

スケジュール  毎週水曜日 13~15時
前期:第4水曜日   『妊娠中の過ごし方、骨盤ケアについて』
中期:第2水曜日   『母乳育児、授乳・沐浴について』
後期:第1・3水曜日  『入院の流れと分娩について』



内容についてご紹介します。


前期では、『安産になるためのポイント』を紹介しています
現代の人は昔の人と比べて歩くことが少なく、筋力の低下から骨盤が緩み、切迫早産になる人が増えていると言われています。予防のために、骨盤ケアを実践しています
また、美味しいものが溢れている現代は、妊娠中に食べ過ぎてしまい、出産までだいぶ太ってしまった!ということがよくあります実際に、産後の方の声で「妊娠中にもっと自己管理するべきだった」という声もありました。妊娠中体重増加しすぎると難産になったり、血圧が上がってくる危険もあります。「妊婦は2人分食べなさい」というのは栄養が少なかった時代のことです。食事や体重管理のポイントも紹介しています



中期、後期は旦那さんも参加していただけます。
中期では沐浴体験、マタニティジャケットを着て、妊婦さんの体験もできます。沐浴や抱っこ体験をし、一緒に赤ちゃんを迎える予行練習をしませんか?マタニティジャケットを着て、妊娠して動く大変さや喜びを共感していただけたらと思います

IMG_2620 編集

IMG_2619 編集


後期では出産についてお話します
出産のイメージを膨らませ、呼吸法や補助動作を行っていきます。立ち合い出産希望の方にはぜひおすすめです出産は妊婦さん一人でがんばるのではなく、赤ちゃん、旦那さんと一緒に乗り越えるものだということを学んでいただきたいと思います

みなさまのご参加お待ちしています

きてくださってありがとうございます♡

いらっしゃいませ~♪

現在の閲覧者数:

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック