06
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

NICU・GCUの前室

前室とは入り口を入ってすぐの手洗いをするお部屋です

NICUの場所(過去記事)

NICU・GCUでは季節を感じられるように、毎月前室の飾り付けを替えています
その月のイベントなどに合わせ、看護師が画用紙で飾りを作成したり、シールを貼り付けたりしています


5月のテーマはこどもの日


3.png

4.png

5.png


6月のテーマは梅雨
6.png

7.png

8.png

10.png


7月のテーマは七夕

七夕(過去記事)


12.png

13.png

15.png


8月のテーマは海
18.png

20.png

21.png

22.png

23.png


9月のテーマは『運動会』
つちだよしはるさんが描いてくださった壁画を利用し、リスやくまなどでNICU大運動会が行われていました
誰が一番になったかな
26.png

28.png

職業柄、工作をすることがほとんどない私達・・・
画用紙での慣れない作成は本当に大変ですが、面会に来られるご家族が赤ちゃんと一緒に季節を感じ、楽しめるよう頑張って作っています



なんと10月からは、4階東入院棟の保育士さんの協力もあり、さらに華やかになりました

10月のテーマは『ハロウィン』
さすが保育士さん
私達看護師とはやっぱり違います・・・
30.png

31.png

32.png

33.png


11月のテーマは『紅葉』
35.png

36.png

37.png

38.png


12月は『クリスマス』
12月23日(金)には4階東入院棟でクリスマス会が行われ、サンタクロース・トナカイ以外にみんなのアイドル アンパンマン・バイキンマンも来てくれました

クリスマス会(過去記事)


またHospital Heart Act さんから素敵な
トランスパレント折り紙」をいただき、
前室の自動ドアに貼りました。
前室の明かりがつくと、とてもきれいです
40.png




1月は『お正月』
皆様、明けましておめでとうございます
41.png

42.png


前室には立派なお正月のお花が届きました
43.png


今年もNICU・GCUスタッフ一同赤ちゃんやご家族にやさしい看護を提供していきたいと思います
本年もどうぞよろしくお願いいたします



さて2月は、節分かなバレンタインかな続きます・・・




スポンサーサイト

「こどもケア」に掲載されました!

日総研の隔月刊誌「こどもケア」に当院NICUの取り組みが掲載されました




Special Report 「母乳育児支援・実践」

2.jpg

3.jpg

退院時母乳栄養率向上に向けた母乳育児支援

NICUに入院した赤ちゃんはママと離ればなれの時間が多くなります

長期母子分離の中で母乳推進を図るためにはエビデンスに基づいた支援が必要と考え
2012年より「母乳推進係」を結成し本格的にケアの見直しに取り組みました


母乳栄養率の見直し・算出

産科助産師と協働して授乳パンフレット作成

カンガルーケアの基準改定


60.jpg


搾乳器の導入

4.jpg

50.jpg


ファミリールーム (←クリックすると以前の記事にとびます) の使用の拡大

などなど


全スタッフ参加のマニュアル作成と、学習会も開催しました

100_20160610065904bf0.jpg


赤ちゃんと家族が居心地の良いNICUめざして赤ちゃんとの触れ合いを多く持てるよう配慮しています


おっぱいのこと

母乳は赤ちゃんにとって最高の栄養食と言われ、お母さんの血液から作られています
その最高の栄養を作ることができるのは、お母さんだけ!とても素晴らしいことです

出生後すぐにNICU・GCUへ入院となる赤ちゃんの多くは、治療の関係上、お母さんのおっぱいを直接飲むことができるようになるまでしばらく時間がかかるため、お母さんから搾乳してもらうことが必要となります
赤ちゃんが入院し、お母さんと離ればなれになっても、私たちは4階西入院棟(産科入院棟と産婦人科外来)のスタッフと一緒に母乳育児が継続できるようお手伝いしています
母乳育児はお母さんと赤ちゃんの絆を深め、豊かな情緒を育みます

私たちNICU・GCUスタッフは、お母さんが一生懸命搾ってきてくれた母乳を一滴も無駄にしないよう大事に取り扱っています



シリンジ


NICU・GCUにはミルク係というものがあります
ミルク係の看護師は、
帽子・ゴーグル・マスク・手袋・エプロン
必ず着用し、調乳室の扉を閉め、母乳の解凍や、それぞれの赤ちゃんが哺乳する量に合わせて、注入用の注射器や哺乳びんに準備をしています


装備



後ろ




赤ちゃんの体重や出生週数などで注入・哺乳量が一人ひとり違うため、NICU・GCUの中では一番大変で繊細な業務です
お母さんが頑張って搾ってきてくれた母乳を
一滴も無駄にしないために
ミルク係となったスタッフは冷凍母乳の残りを確認しながら、指おり数えたり、電卓を使ったり、常に計算しながら調乳しています  


ミルク板



どのスタッフも緊張感たっぷりで調乳業務を行っています  

すっている




とても真剣です   


あわせ



お母さん、毎日時間を問わず自宅で搾乳し、NICU・GCUに届けに来てくれて、本当にありがとうございます 

   

お母さんの頑張りはしっかり赤ちゃんに届いていますよ 


はる





ひなまつり

けがれ・災いを人形に移しはらおうとする風習。
女子のすこやかな成長を祈る節句の行事

災いがなくなるなら、女の子だけでなくみんなに言えることのような気もしますが・・・


NICUの前室(入ってすぐの手洗いするお部屋)にも成長を願って飾り付けをしました。

1-1-.jpg


33.jpg


44.jpg


55.jpg


66.jpg


77.jpg


88.jpg


100.jpg


110.jpg




全国的には3月3日ですが、東北・北陸など積雪・寒冷地では新暦4月3日に祝うところもあり、ここ庄内(山形県内)では「雛街道」といって、大切に保存されている時代雛が県内施設や民家で一般公開されています。(2月下旬~4月初旬)



鶴岡雛物語はこちら





ファミリールーム

安心してお家に帰れるように、パパとママと赤ちゃんのためのファミリールームが改築と同時に新設されました


P1140390.jpg

面積の関係で私達医療スタッフのカンファレンスルームと兼用ですが・・・

今までどちらもなかったので嬉しい限りです


P1140424.jpg

P1140425.jpg

P1140426.jpg

P1140395.jpg

育児練習や赤ちゃんの一日を体感できるように24時間赤ちゃんと一緒に過ごします。

P1140429.jpg

P1140427.jpg

私達の会議や学習会などもここで行います

5943.jpg


パソコンも置いてあるので病状説明のときも使います(普段は鍵をかけて安全管理しています)


P1140521.jpg

今回も「つちだ先生」に描いていただき癒しの空間にもなっています

P1140569.jpg

P1140448.jpg

P1140563.jpg

P1140566 (2)

P1140568.jpg

P1140567.jpg

P1140605.jpg



細かなところにも先生の気配りが感じられます


P1140564.jpg

P1140607.jpg

P1140610.jpg

P1140609_201406080913140ac.jpg

P1140608.jpg

P1140570.jpg

ぽこ・あ・ぽこ

鶴岡NICU親の会「ぽこ・あ・ぽこ」が、2013年残念ながら活動を終了しました

会員の方よりNICUに残る形でという声をいただき
つちだよしはる先生の絵画2点と絵のイメージにあわせた(廊下側窓)若草色のカーテンを寄贈していただきました。

321_20140608095106c82.jpg

親の会、会長さんから病院へ贈呈式の模様は病院HPに掲載されています

DSCN4264_20140817094754b78.jpg

NICUの入り口をはさんで左右に絵が飾られています

P1140861.jpg


P1150482.jpg




654.jpg

P1150479.jpg

P1150483.jpg


26483.jpg


皆様にみて頂けるように廊下側に設置してありますのでどうぞご覧ください

低出生体重児

出生体重2500g未満の赤ちゃんが低出生体重児と定義されています。
その中でも1500g未満を極低出生体重児、1000g未満を超低出生体重児と分類されています。
また在胎(妊娠)37週未満(36週6日まで)でうまれた赤ちゃんを早産児と呼びます。

DSCF0005.jpg
ひめ
DSCF0257.jpg
DSCF0015_20140628132351c6f.jpg
(画像推定500g→900g→1500g→3000g)


早く、小さく生まれた赤ちゃんはいろいろな合併症を乗り越えて成長していきます。

低体温・低血糖・高ビリルビン血症・貧血・高カリウム血症・低カルシウム血症
呼吸窮迫症候群・無呼吸発作・動脈管開存による心不全・脳出血・壊死性腸炎・・・
もちろんなんでもない赤ちゃんもたくさんいますが、いっぱい乗り越えなければならない子もたくさんいます。



早産の原因は種々ありますが、わからないことも多いんです。
一番声を大にして言いたいのは「ママのせいではない」 こと。
家族や親戚、友人の何気ない一言で傷ついてるママもたくさんいらっしゃいます


愛情とやさしい看護の気持ちが欠けては、良い新生児医療は行えない。
「新生児にはできるだけ ビタミンI (愛)を投与しよう!」 仁志田博司(にしだひろし)先生の言葉が大好きです

頑張っているママやNっ子ちゃん達に周りのあたたかい応援よろしくお願いします




避難訓練(NICU)

あってはならないことですが万が一、火災や地震など避難しなくてはいけない状況を想定し
NICUでも避難訓練を実施しています

P1120877.jpg

お人形さんを使用
点滴や呼吸器など、いろんな病状の赤ちゃんを設定
P1120894.jpg



防災担当者が中心になって学習会を実施シナリオ作成し
看護師役・医師役はもちろん、面会中のお母さん役などすべてスタッフで役設定

123_20140607145416b97.jpg


345.jpg



P1120920.jpg

P1120917.jpg

P1120921.jpg

P1120903.jpg


523.jpg

P1120904.jpg


今年も企画しています



赤ちゃんに優しいケア

いろは_R

早く小さく生まれた赤ちゃんや疾患を持った赤ちゃんの成長発達を少しでも助けるために
赤ちゃんの反応に合わせてケアを行っていくことや、処置や過剰な光刺激や音刺激による外的ストレスを
できる限り減らしながらケアしていくことを「ディベロップメンタルケア」といいます


胎内環境に近づけるために光刺激・音刺激を減らします

DSCF0022_R.jpg

赤ちゃんの睡眠時間が長くなる、エネルギー消費が低下する、未熟児網膜症のリスクが減ると言われている遮光のために保育器やコットに布でカバーしています

NICU内の照度は100~200ルクスが望ましいといわれています(米国小児科学会のガイドライン勧告)
   ちなみに 日中の太陽光100000
          百貨店売り場500~700ルクス
        
保育器内の騒音レベルは45dB以下が望ましい
   こちらもちなみに  図書館45dB
                地下鉄80dB

子宮内に近い体位にするためのポジショニングも大事です
P1060460.jpg
赤ちゃんのエネルギー消費を押さえたり、安静を保ち成長発達の手助けをしています

DSCF0013_R.jpg
こまかーいことですが
DSCF0023_R (2)
DSCF0024_R.jpg

診察で使う「聴診器」が冷たいと赤ちゃんはびっくりしますので保育器に入れてあたためて使用するようにしています


足湯_R

沐浴はまだできない赤ちゃんの足浴もしたりします
画像 004_R

お風呂に入ったようないい表情するんですよ

あし



今日はこどもの日

NICUでも「こどもの日」バージョンになっています

P1140942.jpg

P1140941.jpg
P1140940.jpg
P1140939.jpg


DSCF0043_R.jpg

元気に育って早く退院できますように




子供たちの永遠のヒーロー
DSCF2671.jpg
(本文とは関係ないですね・・・・ )


続きを読む

NICUの場所

NICUってどうやって入るの? GCUってどこにあるの?
よく聞かれる質問です


P1140857.jpg

中央エレベーターで4階に降りると、東と西に分かれています。

東の棟は小児科病棟です 目印は「きつねくん」

P1140855.jpg



反対側(西の棟)が地域周産期母子医療センター(4階西入院棟+NICU・GCU) 目印は「うさぎさん」です

P1140856.jpg

うさぎさん目指して歩いていくと、つきあたりが4階西入院棟(産婦人科)になります。

P1140876.jpg


そこを右へ・・・・・

P1140859.jpg



すぐまた右へ・・・

6235.jpg


もうちょっとです

5478.jpg


いらっしゃいませ~

P1140864.jpg

NICU・GCUは、安全のためセキュリティを厳しくしてあります

インターフォンを押してお話ください。中から解錠すると入れます


そして今通ってきた廊下のガラス窓の裏がGCUになっています

P1140008.jpg




P1140499.jpg


プライバシー保護のため廊下側は常時カーテンをしています

NICUを卒業してGCUにうつると「窓越し面会」が可能になります

きてくださってありがとうございます♡

いらっしゃいませ~♪

現在の閲覧者数:

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック